お客様への苦手意識をなくすテクニック

キャバクラには色々なお客様が来るのが特徴的。
そこで苦手と思うお客様のイメージを作ってしまうのは勿体ありません。
むしろ、苦手だと思わないようにすることが、すてきなお客様へと変化させるきっかけを作ります。

相手の話に耳を傾けて、真摯に笑顔で対応しているだけでも、いつの間にか苦手ではない存在になることがあります。
実際に笑顔による異性関係の好転は、様々な研究機関で実証されています。
参考リンク(PDF):http://repository.ris.ac.jp/dspace/bitstream/11266/5217/1/shinrikenkiyo_010_031.pdf

キャストの笑顔によって会話が弾みだし、ドリンクが進むようになると、そのお客様が次は指名してくれることもあります。
こうした積み重ねが出勤の度に経験できるようになると、キャバクラでの仕事が楽しくなるでしょう。

キャバ嬢としてお客様へ真摯に向き合う

先入観でお客様を判断するのではなく、あくまで真摯に向き合うことが、苦手意識を排除して、いつの間にか苦手ではない自分を作ります。
笑顔を絶やすことなく話込ができるようになると、それだけでもキャバ嬢としての魅力が磨かれます。

何度となく訪れてくれるようなお客様を確保したいのであれば、苦手と思うお客様ほど向き合ってみましょう。
すると、いつの間にか苦手ではないという印象を抱き、すてきなお客様として迎え入れることができるようになります。

そんな寛容さを身につけられるようになると、幅広い年代に愛されるキャバ嬢へと成長するはずです。